お歳暮・冬ギフト早割人気おすすめランキング2020

お歳暮冬ギフト早割人気おすすめランキング2020

お中元の時期・金額などはどれぐらい?

お中元は、地域によって贈る時期が異なりますが、早い地域で7月初旬頃遅い地域では8月以降といわれています。

 

金額の相場は3000円〜5000円が一般的と言われています

お歳暮の時期・金額などはどれぐらい?

お歳暮の注文時期ですが、早ければ早いほどお得になることが多いです。最近では百貨店を中心としたネットショップが早割りという形で、早期注文割引を行っています。

 

早いところでは10月中旬から行っています。一般的には11月中旬ぐらいからの注文受付が多いですが、早割りは注文が早ければ早いほどお得です

 

金額に関してはさまざまですが、平均的には1万円近辺が多く売れているようです。

 

ただ、あくまで平均的なものなので、関係性などによって選ぶといいかと思います

 

関東・関西・九州・東北・名古屋・北海道・北陸など地域差もあるかと思いますが、会社としての注文は早めに行っておくといいでしょう。

 

また、百貨店などはお礼状も無料で入れてくれるところも多いです。そのあたりの希望がある場合は付記を忘れないようにしましょう。

お歳暮で人気のある商品は?

総務省統計局の資料を見ると、贈答品の内訳は食料が7割を占めています。

 

さらに食料の内訳を見ると、お歳暮や年始用の品として贈られる菓子類、魚介類、果物、肉類、酒類などの物品のほかに、外食などのサービス関係への支出も多くなっています

 

 

また、西日本電信電話株式会社の「〜2015年 お中元・お歳暮の実態を大解明!〜「贈りたいもの」と「もらいたいもの」に潜む“認識のズレ”が判明!」というプレスリリースの中では、「貰って嬉しいお中元・お歳暮の商品」に関する質問に対して、「ビール」(42.8%)や「ハム」(38.0%)、「菓子類」(35.5%)などの“定番品”が上位に並ぶ中、1位に「商品券」(54.8%)、5位に「カタログギフト」(26.8%)がランクインしています。

 

全体の数字を見ると、「商品券」、「カタログギフト」を選んだ回答者の割合は8割近く(複数回答)にのぼり、自由度の高いギフトが喜ばれることが想定されます

 

 

一方で、「あなたが贈りたいお中元・お歳暮の定番商品」に関する質問に対しては、「ビール」(42.5%)、「菓子類」(31.5%)、ハム(26.3%)などの定番商品が上位3位を占める結果に。続いて「ジュース」(16.0%)や「調味料」(14.8%)が続き、贈られる側が希望する「商品券」や「カタログギフト」はランク外となっているなど、欲しいものと贈っているものにずれがあることが読み取れますね。

 

 

金額面を見てみると、20〜30代ではお中元・お歳暮にかける金額は「2,000円以上3,000円未満」が最も多い割合を占める(20代:41.2%、30代:26.2%)のに対し、40代以降は「4,000円以上5,000円未満」や「8,000円以上」が最も多い割合を占めています。